荒木式 うつ病改善プログラム 荒木裕 断糖食

【荒木式】うつ病改善プログラムの内容を徹底解説していきます。

 

 

「うつ」は「こころの病気」ではなく「脳の病気」。

 

 

だから、「断糖食」で改善できる可能性がある…!?

 

 

青空を見上げる女性

 

 

 

もし、あなたが「うつ」に苦しみ

 

 

なおかつ「甘いもの好き」なら、

 

 

少しだけ読み進めてみてくださいね。

 

 

 

【はじめに】
当サイトへのご訪問、ありがとうございます。このページは、「うつ病」に苦しんでいらっしゃるご本人、
またご家族やお友達の「うつ病」に対して、接し方や対応で悩んでいる方のために公開された
【荒木式】うつ病改善プログラムの内容と効果を、メリット・デメリット含めてなるべく
公正に解説させていただきます。
このプログラムは、うつ病だけでなく、パニック障害、自律神経失調症、恐怖症、過食症、拒食症などの
精神疾患に効果が期待できるとされていますが、当サイトでは、薬機法(旧・薬事法)や景品表示法など
関係法令に則り、「確実」「絶対」といった効果・効能の断定表現は排除しております。予めご了承下さい。
なお、当サイトの内容は医療機関である「崇高クリニック」の宣伝・紹介を意図するものではありません。

 

 

【荒木式】うつ病改善プログラムを購入してみました。

動画の一部

 

※荒木裕医師の動画講座の一部

 

アクションプランシート

 

※左/アクションプランシート 右/購入者専用サポートサイト

「サポートサイト」にはマニュアルに書ききれなかったノウハウや、購入者からの質問に答えるQ&Aが充実しています。

 

 

中身を見てわかった!

ここが【荒木式】うつ病改善プログラムのポイント

 

 

オフィスレディ

● 「うつ病」は、「こころの病気」などではなく
  「糖質」に原因があるとする、荒木裕さんの独特の治療法

 

● 「糖質」を控えた「断糖食」を心がけることで、
  これまでに1,000人以上の方がうつ病の改善に成功したノウハウ

 

● 「明日効果が表れる」というものではなく、軽度のうつは1ヶ月程度、
  一般的なうつ病の改善には3ヶ月程度の実践期間が必要。

 

● 専門家の本気のサポート体制があり、購入後も安心して取り組める。

 

● DVD教材なので、家族などと一緒に見ることで周囲の理解も深められる。

 

● 「糖」を控えるために、ある程度食べるものに制限があるが、我慢は最少。
(肉、魚、たまごなどは好きなだけ食べられますし、アルコールもOKなんです!)

 

 

 

 

あなたは、うつ病のために

 

 

「仕事に行きたくない」

 

「誰とも会いたくない」

 

「眠れない」

 

「すべてのことが楽しくない」・・・

 

 

といった症状に苦しみ、しかも、そのつらさを周囲の人や家族にも理解してもらえず

 

「どうして自分はこんなにダメな人間なんだ・・・」と自分を責めたりしていませんか?

 

 

 

 

 

田代恵理子

当サイトへのご訪問、ありがとうございます。
InfoPack Corp.の情報教材レビュアー、田代恵理子と申します。

 

当サイトでは、これまでに1,000人以上のうつ病に苦しむ方の症状を改善してきたという
崇高クリニック院長・荒木裕さんが公開した

 

荒木式 うつ病改善プログラムの内容と効果について可能な限り公開していきます。

 

 

あなたがこれまでに、病院へ通い、お医者さんの指示どおりに薬を飲んでも、
カウンセリングや認知行動療法を受けても、症状があまり改善されなかったのであれば

 

この荒木式の独自のうつ病改善法は、ひとつの可能性を示してくれるかもしれません。

 

もちろんこの治療法にはメリットだけでなく、弱点やデメリットもありますが
それらも出来るだけ客観的にお伝えしていきたいと思っています。

 

どうぞ、あと数分間だけ読み進めてみてくださいね。

 

 

 

このサイトだけの豪華な特典もご用意しています。

 

★特典のご案内はこのページの最後にあります。ごゆっくりご覧下さい。

 

 

 

 

このページをあとでゆっくりご覧になりたい方は、「お気に入り登録」しておくと便利です。

 

 

 

 

教材の詳細をすぐに知りたい方はこちら⇒

 

【荒木式】うつ病改善プログラム〜薬も心理療法もやめられた画期的な治療法〜

 

【荒木式】うつ病改善プログラムとは、どんなものでしょうか?

 

 

宅配パッケージ テキスト表紙

 

【荒木式】うつ病改善プログラムは、断糖食による生活習慣病の改善などを提唱する
株式会社イコールヒューマンが、崇高クリニックの荒木裕院長と提携して制作・販売している教材で、
いま現在、実際に病院で医療として行われている治療法です。

 

「配送版」で購入した教材は3日後に丁寧に梱包されて宅配されました。
伝票には「冊子」と記載表れていて、周囲の方に中身がわからないように配慮されていました。
(「ダウンロード版」で購入した場合は、すぐにパソコン上で映像とテキストを見ることが出来るということです)

 

 

 

教材のセット内容

 

 

● 【荒木式】うつ病改善DVD 2枚組 計2時間28分

 

 

● テキスト(アクションプランシート+DVDのまとめ)

 

 

 

荒木裕(あらき・ゆたか)医師 プロフィール
崇高クリニック院長

荒木裕

 

ローカーボ食品研究所 所長
NPO法人断糖健康倶楽部 顧問

 

【略歴】
1962年 京都大学医学部卒
1967年 京都大学医学部大学院卒
1968年 大阪北野病院勤務
1971年 アメリカハーバード大学付属 小児病院脳神経外科研修医
1973年 アメリカハーバード大学医学部 臨床栄養学部助教授
1976年 アメリカ国立公衆衛生研究所(NIH)客員研究員
1977年 アメリカサウスカロライナ大学 医学部勤務
1983年 崇高クリニック開設

 

兵庫県加古川市にある崇高(すうこう)クリニックの院長。
80歳を超えた現在も現役の医師として活躍中。

 

京都大学医学部・京都大学大学院を卒業した後、病院勤務を経てアメリカに留学し
ハーバード大学医学部・アメリカ国立衛生研究所・サウスカロライナ大学医学部で、
研修医、研究員、指導者として10年以上在籍。

 

帰国後に神戸市に崇高クリニックを開設。生活習慣病の患者の食生活を調査した結果、
極端に糖質の摂取が多いのことが原因と特定し、渡米時代の糖代謝の研究をもとに患者に断糖食を指導したところ
うつ病が改善する症例が数多く見られたとのことです。

 

ここ数年、生活習慣病の予防や治療に効果的として注目を集めている断糖食ですが、
30年以上前からこの分野に注目し、臨床の現場で治療に活用してきた荒木医師の先進性は高く評価されているということです。

 

崇高クリニック

 

崇高クリニック

崇高クリニック公式サイト

 

兵庫県加古川市にあり、荒木医師が提唱する
「過剰に糖質を摂ることが心身の毒となる」という理論に基づき
「断糖食プログラム」による入院治療を行っています。

 

糖尿病・高血圧・肥満症・うつ病などの生活習慣病や精神疾患を対象に
こうした治療を行っている医療機関は全国的にも数少ない存在です。

 

通常、患者は2週間ほどの入院プログラムを通じて食事法などの指導を受けますが
地理的・時間的などの理由で崇高クリニックで治療を受けること難しい人のために
荒木式の食事法を学べるDVDシリーズを監修、公開しています。
※DVDはインターネット限定で販売されており、クリニックで入手することはできません。

「食べ物」を変えれば、うつ病は改善できる?

 

 

【荒木式食事法 特別動画】

 

 

アメリカでは、うつ病やてんかんに対して

食事療法が主流だというのは本当ですか?

 

 

 

 

 

 

 

「うつ病」は一般的に「こころの病い」と考えられてきて

 

「抗うつ剤などの薬物を使ったり、心理療法を受けるしか治療法はない」
といわれてきました。

 

でも、副作用などを心配しながらも、そうした治療を続けている方が
「うつ病がすっかり治った」という例はほとんど見られないというのが現実ではないでしょうか。

 

ただ、「うつ病」は、同じように心の病気として考えられている
「恐怖症」や「自律神経失調症」などとはちょっと違っています。

 

それは「うつ病」は「病」で、「症」ではないということです。

 

一般的に「症」と付けられているものは、完全な病気とは認定することが難しく、
「そういう症状」をひとまとめにして、大雑把に表現したものです。
ですから、「症」とつけられたものには、それ専用の薬もほとんどないんですね。
(これらの症状には「抗うつ剤」が使われることが多いようです)

 

一方、「病」と認定されている「うつ病」。

 

「病気」なのですから、治すことは可能なはず・・・ということも言えます。

 

 

 

動画内容「うつ病は心の病気ではない」 うつ病は「脳」の病気です。

 

 

人間の身体には、「脳」と「内臓」しかない。

 

荒木さんは、教材の中でこう断言しています。
だから「こころの病気」などない、ということを示しているんですね。

 

医学的にいえば、うつ病は「脳の病気」であって
脳と身体のバランスがとれていないために起きているといいます。

 

 

脳が出した指示に呈して、身体が正常に働いてくれないために、
脳と身体がちぐはぐな状態になってしまい、これが「うつ病」の根本的な原因を作っているといいます。

 

脳で作られる神経伝達物質には、
セロトニンやドーパミン、ノルアドレナリン、エンドルフィンなどがありますが、
それぞれが、私たちの感情や精神をコントロールする大切な役割をもっています。

 

ですから、これらの脳内神経伝達物質が不足したり、身体にうまく神経伝達物質が伝わらないと
脳と身体のバランスが崩れてしまい、これが「うつ病」を引き起こしていたんです。

 

 

だから、うつ病は「こころ」ではなく、「脳」の病気だと言えるんですね。

 

そして、【荒木式】うつ病改善プログラムは、
食べ物を替えることによって、脳と身体のバランスを整え
うつ病を根本から改善していこうという試みなんです。

 

 

うつ病はこころの病気ではなく「脳の病気」。

 

食べる物を変えれば「うつ病」は改善できる可能性がある。

 

うつ病改善のために食事は「糖質」を控えた「断糖食」を取り入れる。

 

というのが、荒木式のうつ病改善に対する中心的なノウハウです。

 

「断糖食」とか「糖を取らない」というと、かなりの我慢をしなくてはいけない印象がありますが、
実は、意外なほど制約が少なくて「割と自由に食べられるな」という印象です。

 

 

 

 

では、なぜ「糖を控える」ことでうつ病を改善できるのでしょうか?
次のページで詳しく見ていきます。

 

次のページへ⇒ 【荒木式】うつ病改善プログラム 教材の内容

 

 

 

教材の公式サイトはこちら⇒

 

【荒木式】うつ病改善プログラム〜薬も心理療法もやめられた画期的な治療法〜

 

当サイトだけの特典をご用意しました。

 

このページを経由して【荒木式】うつ病改善プログラムをお申し込みの方だけに

 

特別なプレゼントをご用意させていただきました。

 

特典セットの内容や特典のお受け取り方法はこちらでご確認下さい。

 

ご購入特典を確認する

 

お申し込みはこちらのボタンから公式サイトへ

 

薬・心理療法に頼らずうつ病を克服する

 

 

3日間限定・割引価格に関するご注意

 

【荒木式】うつ病改善プログラムは、当サイトを経由して公式販売サイトへ初めてアクセスした時から
3日間以内にお申し込みの場合のみ、大幅値引きの限定価格が設定されています。

 

決済システムの関係上、当サイトからの上記特典も
この「期間限定価格」でご購入の方だけにしかお渡しすることが出来ません。

 

3日間を過ぎますと、
価格が通常価格になるとともに、当サイトの特典もお渡しできなくなりますのでご注意下さい

 

 

荒木裕医師からの大切なメッセージ

 

笑顔の女性

「糖質制限」はまず、非常に効果の高いダイエット法として、
ブームのように取り上げられるようになり注目を集めています。

 

そして糖質制限の「断糖食(低炭水化物食)は、ダイエットだけでなく、
糖尿病や高血圧、ガンなどの生活習慣病、うつ病などの精神疾患を
予防したり、改善できる食事療法であるという理解も徐々に広まっています。

 

ただ、注目を集めれば集めるほど、誤解した情報や偏った見解なども広がるようになり、
「これまでの常識と違う」という理由だけで強い反発を受けることもあります。

 

中には「糖質制限」を謳っていながら、推奨している食事の内容は糖質たっぷりのハウツー本や、
「糖質制限」と表示しながら、相当量の糖質が含まれている食材も販売されています。

 

また、「糖質制限」とよばれるために「制限」だけに目がいき
「何を食べてはいけないのか?」ばかりに関心が集まりがちですが、
本当は糖質を制限するだけでなく、「何を食べるべきか?」に注意を払うこともとても大切なポイントです。

 

どんなきっかけで断糖食に取り組むにしても、
【荒木式】うつ病改善プログラムで、糖質制限の本当の仕組みや意味を正しく理解すれば
もっとも効果的に実践することができますし、
その分早くうつ病の改善効果を実感することができるのではないでしょうか。

 

 

 

サイト登録宣伝無料AUL 無料相互リンクoneway


トップページ 教材の内容 メリット・デメリット 実践した方の口コミ 薬・心理療法の限界